exciteMUSIC ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ




PROFILE



95年結成。スウィートでソウルフルでファンキーなバンド、スクービードゥー。彼らの音楽構造と力、そして極端にフロアを焚きつける圧倒的なライブパフォーマンスはオーディエンスを魅了してやまない。

RELEASE

『かんぺきな未完成品』
CHAMP RECORDS
(HICC-3608)
2013年5月15日リリース!

『Bootlegtic-Girl 4』
CHAMP RECORDS
(CMP-007)
¥1,000(tax in)

『MIRACLES』
CHAMP RECORDS
(HICC-3208)

『Bootlegtic-Girl III』
CHAMP RECORDS
(CMP-006)
ライヴ会場限定で販売中! ¥1,000(tax in)

INFORMATION
SCOOBIE DO
ライブ情報を続々UP!!
SCOOBIE DO主催のライヴイベント「Root & United」は毎年、春、秋に開催!

ライブスケジュールはこちら




LINK

OFFICIAL
ARTIST
前回のツアーブログ

<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
ドモコイ一休み
7月30日


 ライヴが一段落したら、すこーし涼しくなった気がするのは気のせいか。来週までしばしの休暇。これを「ドモコイ一休み」という。(ちなみにライヴが続いている時などは「ドモコイ全力投球」)



 一休みついでに鰻を食った。
b0096775_23242977.jpg
 久方ぶりに酒など飲んだ為か、鰻への焦点が合っていないようにも見える筆者。しかし鰻、いと美味し。これを「ドモコイ栄養補給」という。



 その後、『インセプション』という映画を観た。いわゆる「とにかくCGがスゲェ映画!」なのかと思っていたが、そんなこともなく、トーン低めのSF小説っぽい話でおもころかった。レオナルド・ディカプリオもすっかり素敵な俳優さんじゃないか、などと思ったりもしたものの、よくよく考えればディカプリオの主演映画をみたのは初めてだった。更にいえば、確か『タイタニック』という映画に出演していたよなぁと思ったものの、もちろん観ていないので、頭の中にその主題歌として甦った歌はよくよく考えれば、映画『ボディガード』の方の主題歌「エンダァァァァ」という歌であった。しかし『ボディガード』もやはり観ていないので、主題歌かどうかも実のところ良く分かってない。これを「ドモコイ映画鑑賞」からの「ドモコイ芋づる式に恥を知る」という。




 というわけで、休暇を満喫した俺である。そして、この時間になって、なんだかまた熱くなって来た気がするのは気のせいか。




 それとも『ROOT&UNITED Vol.14』のチケット販売が明日31日の10時から行われるからかいな。今回は、
b0096775_23246.jpg
SCOOBIE DO&サンボマスター。



 
 『ROOT&UNITED』はSCOOBIE DO主催の対バンイベントである。毎回、ルーツを感じさせながらも今にしか有り得ない音を鳴らすライヴバンドをお招きしその日その場限りのセッションなども行いながら、SCOOBIE DO×ゲストバンド×ご来場の君でもって三つ巴のGroove祭を行っちまおうというそんなパーティーである。




 TVや雑誌などで頻繁に宣伝をしているわけでもないので、もしかしたらまだ知らない人もいるかもしれないんだが、俺的にはSCOOBIE DOのワンマンライヴに並ぶくらい楽しい時間であり、TVや雑誌などで頻繁に宣伝されているあらゆるエンターテイメントでは確実に味わえないような時間であり、今回もそんな素敵な時間になってしまうに違いないのは、素敵なゲストバンド、サンボマスターの出演が決定したからに他ならない。わあお。



 
 SCOOBIE DO×サンボマスター×君だもの。なにしろ「ロックンロールはいつでも絶好調で全開で大爆発で今が最高!」と知っているSCOOBIE DO、サンボマスター、そして君だもの。この日が熱くならないわけがないよねぇ。既に想像出来るだけでもあんまりに熱いんで、今年はもう一回この9月12日から夏が始まっちまうというのが現段階での業界内大筋の見方である。いやっほい。未来が今から楽しみってのはロックンロールのスピード感だよ。Eねぇ。今年の夏は長いぞぅ。



 
 SCOOBIE DO、サンボマスターの出演は決定しているので後は君の参戦を待つばかりだ。詳細は以下だぜ。


 10.09.12(日)「Root & United vol.14」
 [会場] 代官山UNIT
 17:30 OPEN / DJ START
 [出演] SCOOBIE DO / サンボマスター
 [DJ] 山名昇(BLUE BEAT BOP!)
 [TICKET] ¥3,500(1D別)
 ぴあ(109454) / ローソン(78176) / イープラス
 /SOGO TOKYO HPにて
 7月31日(土)よりチケット一般発売開始
 [INFO] SOGO TOKYO 03-3405-9999




 一休みする間もなくEね熱いねドモコイだね。ひとつよろしく。




 コヤマシュウ


 P.S そういえば。RKBテレビ『チャートバスターズR』のコケティッシュ隊員からお知らせが届いていたのだ。
b0096775_910851.jpg
「お世話になっております。好きなテレビについてのコヤマ先生のコメントは7月31、8月7日のRKBテレビ「たけ団地」(土曜夕方6時50~55分)にて2回放送となります!よろしくおねがいします。」



 おおおう。こないだの福岡キャンペーンの時の!観たい!が観れない!



 福岡PLUS ONE MOREの君、俺の代わりにひとつ観てみて頂戴。
[PR]
by funkalismo | 2010-07-31 01:00 | Comments(8)
フミヤマウチ氏のこと
7月29日
b0096775_1232946.jpg
 ライター・フミヤマウチ氏による「14歳から知っておきたい『何度も恋をする』全曲解説」はもう読んだかな。




 俺がヤマウチ氏の名を知ったのは、まだバンドを始める前、リーダーにThe Hairやハッピーズといったバンドを教えてもらいその音源を聴きながらそのエッセンスをもった音楽達、通称“和モノ”と呼ばれるような'60s、'70sの日本語のGroovyな楽曲を探すことに夢中になっていた頃。




 当時、The Hairやハッピーズ、その近辺のアンダーグランドな“和モノ”ムーブメントのリアルタイムな情報を知る事が出来たのは、ライヴやDJイベント以外では『barfout』という雑誌内に不定期に連載されていた「自由に歩いて愛して」というコーナーだけだった。




 不定期連載の為、毎度立ち読みで済ませていた俺だが、そこでしか知る事が出来ない情報&北沢夏音氏によるとても扇情的な文章に期待し毎度ワクワクしながら立ち読んでいたのはまぎれも無い事実であり、そのページの中に雑誌内のコーナーと同名の和モノイベント「自由に歩いて愛して」のDJとしてヤマウチ氏が紹介されていたのを見たのが一方的な初遭遇だと思われる。




 その後、大学に入りサークルの先輩からもらった『フミヤマウチ“和モノ”MIXテープ』の余りのドープさ(一曲も知ってる曲が無いのに、全曲スゲェカッコE!)に感激感動したり、俺達のデビュー盤『夕焼けのメロディー』のレビューをbounce誌上に書いてくれたり(「泣きメロを闇雲にGrooveさせる無謀な4人組」というような一文が載っていたような…。失念!失敬!しかしとても嬉しかったのを覚えている)、メジャーデビュー時に『ATARI』という名のフリーペーパーで俺達を何度も特集してくれたり(SCOOBIE DOヒストリー上の“わりと重要事項”である『並木事件』や『二千円事件』を初めて公に文章化したという点で極めてジャーナリズム的価値の高い雑誌である、と思う、多分)、2006.6.25の野音公演用の10周年記念パンフレットにカッコE文章を書いてくれたりと、気付けば節目節目で関わりのある頼れるPLUS ONE MOREとなってくれていたのだった。氏の言葉は常にその時その時のSCOOBIE DOを端的に表現していた。それがまたとてつもなく頼もしく嬉しかった。




 そんなわけで毎度、新しいアルバムをどのように聴いてくれるのかヒジョーに気になるわけであるが、今回の『何度も恋をする』を大変気に入ってくれたということで『14歳から…』をお願いした次第。(快諾&入魂の解説、ヤマウチさん、ホントーにThanXXXX!)




 ヤマウチ氏の文章はリズミカルであり(山名昇氏の文章にも音楽的なリズムを感ずる)、そして軽妙で時に最高にアホらしく馬鹿馬鹿しいのだが、しかしもれなく核心を突く素敵な文章である。これは「音楽ってのは所詮人間の作ったもんだよねぇ」という思いと「しかーし音楽ってやっぱ素晴らしいよね」という思いが氏の中に常にあるからなんではないかなぁと、俺、思う。




 専門用語には出来るだけ注も付けてもらったので、14歳以上の君、もう十分大人だという君、あるいは14歳になっていないという君も是非是非、読んで貰えたらと思う。「読んでみたけど良くわかんないところがあるYO!」という君も何度も読んだり、時間が経ったりするとその旨味やおかしみに気付いちゃうと思うぜ。最初は良く分かんないものが、後々自分にとって特別なものになったりってのはよくあることだもんね。





 と長々と書いてしまったけど、文章は肩肘張らずにサクッと読めるものなので(流石!)、特設サイト内のその他のコンテンツ同様、ひとーつお気楽に楽しんで頂戴。




 で、一通り読んだ所で『度も恋』をまた再生、と。





 コヤマシュウ


 P.S なんだかとっても癖になるヤマウチ氏の文章はこんなとこでも読めちゃうぜ。→TOWER RECORDS ONLINE『己のソウルを磨き続ける旅……SCOOBIE DOの物語は続く』

 PLUS ONE MORE、必読なり〜。
[PR]
by funkalismo | 2010-07-30 02:52 | Comments(8)
『STANDARD TOUR 2010』@高崎club FLEEZ
b0096775_1212159.jpg

b0096775_1212138.jpg

高崎名物、ではないと思われる『びっくりドンキー』にて打ち上がったlocofrank&FUNKY4。びっくりドンキー通であるlocofrankドラマー笹原君オススメのポテサラバーグ、美味かったYO!




本日、高崎。




その場所に行き、時間が来たらせえので始まり待ってました!と音を鳴らす、鳴らし合う。それだけのことだがやめられないねぇ、ロックンロールは。




そこに行かないとどんな音が鳴るか分かんないもんなぁ。でもそこに行って鳴らせばどんな音が待ってくれていたのか分かるんだ。そして、その音が飛び出す瞬間を味わえるんだ。




だからいつでもロックンロールライヴの現場は新しいし嘘がない。俺はロックンロールライヴのそんなとこが大好きだよ。




今日も音が飛び出す瞬間ってやつを体感しちまった。気持ちよかったぜ。




今日来てくれた君、locofrank、高崎CLUB FLEEZ、ありがとう。




また次会う時も、最新の音が飛び出す瞬間の連続、ロックンロールをやり合おうぜ。




Funk-a-lismo!




コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2010-07-29 01:21 | Comments(5)
夏に似合う
7月27日
b0096775_23535466.jpg
 本日はFM東京のロック番組『Radio Dragon』に生出演。パーソナリティーの高山都さんはこの半年でライヴを70本近く観たという生粋のロックライヴフリーク。全国的にロックを取り上げるラジオ番組が減っている中、ヒジョーに頼もしき番組である。また是非、お邪魔したいねぇ。メールをくれた君もありがとう。



 番組終了後帰宅し、夏の暑さに負けちゃならんと「トマトうどん」なるものを作る。茄子&ピーマン&トマト&青唐辛子をぐつぐつやった中にそばつゆ&ガラスープを混ぜてちーんと完成。タマゴも落として栄養つけんど!と、食ったらなんか夏に似合ってて激ウメェのなんの。



 明日のロックンロールも間違い無さそうだなぁと汗をダラダラかきながらうどんを食いきった俺である。



 明日は高崎。



 明日もひとつ、君と俺と明日と夏に激似合う、ロックンロールをやり合おう。



 Funk-a-lismo!



 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2010-07-28 00:25 | Comments(5)
『STANDARD TOUR 2010』@宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
b0096775_2320481.jpg

ライヴ後のディナー。宇都宮名物、ではないと思われる「はなまるうどん」を食すFUNKY4。奮発しておでんも食っちゃったYO!




本日、宇都宮。




夢中になっちまうなぁ。ロックンロールは何度やっても夢中になっちまうよ。



ただひたすらにE調子でやりたいだけなんだ。ただ「今が最高!」ってやりたいだけなのさ。



そんな風にやろうとすると、俺、いつだって夢中になっちまう。



今日も最高に夢中だった。もしや君もじゃないのかな。自分自身に夢中なんだから、やっぱしロックンロールに嘘はないよなぁ。全部ホントのことなんだから、魂 丸ごと気持ちEに決まってるよなぁ。




今日来てくれた君、locofrank、HEAVEN'S ROCK VJ-2、ありがとう。



また宇都宮にも来るからなぁ。




次会う時もまた夢中と夢中がムチューってな最高の遊び、ロックンロールをやり合おうぜ。




Funk-a-lismo!




コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2010-07-26 23:20 | Comments(8)
『ETERNAL ~World Standard Shizuoka~』@清水ark soundshower
7月25日


 せっかくの初清水なので、
b0096775_0422829.jpg
なにか清水的なものを手に入れようと思い、
b0096775_042478.jpg
Get!


 早速、バッジセット当たり用プレゼントCD-Rの盤面に書き込んでみると、
b0096775_0473467.jpg
スラスラと筆が進むような気がするぜ。いえーい。



 本日、清水。



 初めての清水、気持ちよかったなぁ。海沿いの町ならではのGrooveっていうんだろうか。夕方ぐらいから始まる縁日のような、ユルい、が熱気溢るる、そんな心地良い解放感がハコの中に漂っていてそいつが夏の空気に激似合っていたのだ。



 また清水に来て、何度もやりたいなぁと思っちまったよ。



 今日、来てくれた君、Ark、eternal、ありがとう。



 また次会う時も、当たり前に真夏のお祭り気分がやってくる、そんなロックンロールをやり合おうぜ。





 明日は宇都宮。



 春のツアーでのlocofrankとの対バンも最高に楽しかったし、明日についても今現在、E予感しかしていない俺なのだ。



 明日もひとつ真夏の空気に激似合うロックンロールをやり合おう。




 Funk-a-lsimo!



 

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2010-07-26 01:17 | Comments(2)
清水到着
b0096775_2331560.jpg

b0096775_2331579.jpg

b0096775_2331537.jpg

明日のライヴの前日リハのために、生まれて初めて清水にやって来た。ライヴハウスArk Sound Showerは綺麗で広くて踊りやすしでダンスパーティーにはうってつけのハコとみた!夜は鉄板焼きディナーだったので鉄板4が出動。FUNKY4同様それぞれの役割があるようだぞ。



という写真達からも分かる通り、今現在、静岡県の清水にいるのだ。




初清水だが、海も近くて既に気持ち良し。明日はアッチい夏祭りになっちまいそうだねぇ。




明日もひとつ自分の音を鳴らしまくり祭、ロックンロールをやり合おう。




Funk-a-lismo!




コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2010-07-24 23:31 | Comments(6)
『度も恋』キャンペーン 福岡編
7月21日、22日



 『何度も恋をする』福岡キャンペーン。福岡熱かったなぁ。



 着いて早々、『何度も恋をする』特設ページコンテンツ「バンドワゴン・ア・ゴーゴーMAP」でもお馴染みの豚骨ラーメン屋元気一杯にてワントンコツ注入。



 そこからまずは音楽番組『チャートバスターズR』(F-Xでのアコースティク&トークライヴの様子が3週位に渡って放送されていたよう!熱いぜ!)の収録。いつもの様に熱い&深い質問を頂き、感激。熱さには熱さで応えたい俺。RKBテレビの番宣コメントなども収録したので(RKB、TBS系の好きな番組について語っているのだ)、TV観てたらフラーっと出てきちゃったりするのかもなぁ。お茶の間の皆さん、俺、SCOOBIE DOのコヤマシュウです。バンドをやってんだYO!と今、言っておこう。


 続いて、タウン誌『シティ情報福岡』のインタビュー取材。「夕焼けのメロディーのアナログ盤持ってます!」とこれまた感激。インタビュースペースに置かれていた来客用レッドブルを頂き、テンション更に倍。


 更に、公開生放送、LOVE FM『The Request Show』に出演。観覧PLUS ONE MORE多数。メールも多数。観に来てくれた君、メッセージをくれた君、ありがとう。AD氏に「『チャートバスターズR』観てます!今週でラストっぽいのでめちゃめちゃ楽しみです!」と声をかけて頂く。おおおう。皆さん、観てるのだねぇ。嬉しい。


 その後、FM FUKUOKAに移動しコメント収録を。バイト遍歴や犬派か猫派かという質問に答えながらの『度も恋』話。その後、生放送『GOW!』に出演。奇しくも、昨年出演した時と同じくDJは椎葉さんと田代さんというコンビで楽しく、深く喋らせて頂く。ピロピロ飲み話で盛り上がる。



 初日終了。昨年も頂いた鳥皮を頂き、キャンペーンに同行してくれたBEA 永尾氏(移動中は常に『太陽と女の子』を口ずさんでいた!お気に入りのようだ!)&福岡の友人知人とお疲れさんの一杯。シミ〜る。



 
 一夜明けて、二日目。まずは天神の食堂、 山田堂 ←青木堂(山田堂は俺の頭の中にある架空の食堂だったゼ!俺のバカー!今日も暑いね!)にて飯。おばちゃんが大勢でもりもり働いているお店。ご飯美味し。おばちゃんが大勢でもりもり働いているお店が俺は好きである。
b0096775_727272.jpg
写真をなんも撮ってないじゃないか!と気づき慌てて撮る。イカした外観。



 やしやしやしやーし。満たされた腹&心持ちのまま10月7日のインストアライブが行われるタワーレコード福岡店へ。店内に入ると既に『度も恋』が流れていてアガる。店内に流れている音の感じがとてつもなくよくてこれまたアガる。コメントやサインなどを書かせて頂き、インストアライヴをやるステージを
b0096775_7271456.jpg
見学。おおおお。これは広いスペースじゃないか。俺の顔が真っ白じゃないか。10月はとても楽しい時間になりそうだ。



 かーらーの、雑誌『福岡もん』の取材。『度も恋』取材の後、雑誌の中のワンコーナー用に「身近にいるイケメンを紹介してください」と言われ、ふ〜むと考え、アノ男を紹介しておく。



 で、天神FMに移動し、コメント収録。夏休みの思い出を語ったり、「即興の子育て川柳を詠んでください!」というまさかの『子育て川柳』コーナーがあったりしながら、『度も恋』について語る。その後『Park Side Cafe』生放送に出演。DJはこないだの長崎ライヴ前にもFM長崎でお会いしたYUYA氏でビックリ。こういう場所でまた会えるというのは嬉しいものだねぇ。ここから先の道中、『子育て川柳』がプチ流行る。



 そこから更に、TNC(CX系)の番組『マニアマニエラ』の収録。昨年は固定カメラによる2分くらいのコメント収録であったのだが、到着してみると大きなスタジオでのインタビュー収録で音声さんや照明さんなどもしっかりとスタンバっていてクリビツ。ありがてぇ!インタビューをしてくれたアナウンサーの新垣さんも『度も恋』を聴き込んでくれていて、フェイバリットなナンバーについても語ってくれたりして嬉しかったなぁ。
b0096775_7323040.jpg
写真はモニターに映る新垣さんと俺、きっとなんだがよくわからんと思うので是非本放送を観てくれぃ。




 でもって、ベイサイドプレイスに移ったcross fmにて『TOGGY'S TT』に生出演。「男はいくつになっても男子」をTOGGY氏ともしかと確認。『度も恋』を聴き込んでくれている&これからも聴き込みまくることが伺われるメールが多数届いていて嬉しかった。メッセージをくれた君、ありがとう。



 つーわけで、以上、福岡『度も恋』キャンペーン熱いままに無事終了。放送日情報はしばらくしてからオフィシャルホームページにアップされると思うが、だいたい8月の予定である。チェックして、是非観たり聞いたりして欲しい。



 次に、九州、福岡に来る時は10月、11月なわけなんだが、こりゃあ11月まで福岡の夏は終わんないんじゃないかねぇ。福岡熱かったもの。是非ともこの夏『度も恋』を聴きまくって真夏のGrooveを溜め込んどいて欲しいぜ。よろしく。



 空港について、THE福岡なものをなーんも撮影していなかったなぁと思い、
b0096775_7272877.jpg
お土産ラーメンをバックに撮影を敢行。そこはかとなく感じられる福岡成分をキャッチして頂ければこれ幸い。




 ありがとう、福岡。次はライヴで会おうなぁ。




 Funk-a-lismo!




 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2010-07-23 09:02 | Comments(11)
朝からイナズマ
b0096775_11144740.jpg

b0096775_11144732.jpg

「『プロレスの練習』なんていうのはないの。そんな練習はあっちゃいけないし。でも、『プロレスラーの練習』はあるわけ」(プロレス専門誌『G SPRITS』Vol.16より)


「若い頃に、プロレスのセオリーを教えられたことはあるのか?」との問いに答えた木村健吾氏の言葉である。



つまり「プロレスをやる人がプロレスラー」ということではなく、「プロレスラーがやること全てがプロレス」ということなのだね。おおおう。なんてカッコE!朝からイナズマに撃たれたような気分だ。




写真はパク・チューを名乗っていた頃の木村健吾氏とこれから『度も恋』キャンペーンのため福岡に飛び立つ直前の俺。シスコーンのパッケージでみかけそうだ。




コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2010-07-21 11:14 | Comments(5)
音が言葉を呼び、言葉が言葉を進めていく
7月20日


 町田康氏が作家・野坂昭如氏の文章を「音が言葉を呼び、言葉が言葉を進めていく。それによって形を成していくメロディー」というように解説していて、おおうこいつはまさしくFUNKYでありロックンロールじゃないの昨日までのワンマン3連戦&急須に熱湯注いで作った麦茶をここんとこ飲んどる影響で俺、かく汗がサラサラじゃないのってのが今の頭の中心地に仲良く鎮座まします思いであります。




 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2010-07-20 23:55 | Comments(2)
MOVIE



「かんぺきな未完成品」
(from Album 『かんぺきな未完成品』 )



以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のコメント
この日記から6年と少し、..
by ami at 00:17
お誕生日おめでとうござい..
by ばんちゃん at 22:23
シュウさん‼‼ ブログ再..
by Miko at 00:20
私もコヤマさんの文章読み..
by uni at 10:19
伝えたいことは 伝えた..
by eiko at 01:53
やっぱり“利己主義”はよ..
by id-mi at 18:12
ご無沙汰しております!m..
by id-mi at 20:06
プライドも大事なんですが..
by id-mi at 22:03
ご無沙汰しております! ..
by id-mi at 21:38
許しを請う資格などありま..
by id-mi at 18:56
ブログジャンル
画像一覧
Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ

Copyright ©1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム