exciteMUSIC ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ




PROFILE



95年結成。スウィートでソウルフルでファンキーなバンド、スクービードゥー。彼らの音楽構造と力、そして極端にフロアを焚きつける圧倒的なライブパフォーマンスはオーディエンスを魅了してやまない。

RELEASE

『かんぺきな未完成品』
CHAMP RECORDS
(HICC-3608)
2013年5月15日リリース!

『Bootlegtic-Girl 4』
CHAMP RECORDS
(CMP-007)
¥1,000(tax in)

『MIRACLES』
CHAMP RECORDS
(HICC-3208)

『Bootlegtic-Girl III』
CHAMP RECORDS
(CMP-006)
ライヴ会場限定で販売中! ¥1,000(tax in)

INFORMATION
SCOOBIE DO
ライブ情報を続々UP!!
SCOOBIE DO主催のライヴイベント「Root & United」は毎年、春、秋に開催!

ライブスケジュールはこちら




LINK

OFFICIAL
ARTIST
前回のツアーブログ

<   2007年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
撮影会
1月30日
 
b0096775_21563425.jpg
 都内某所、濃厚なブラックネスを感じるとある場所でメンバー一同の写真を撮る。雑誌やらチラシやらネットやら、世界中、あらゆるところで『SCOOBIE DO』を名刺代わりに紹介するようなヤツだ。今回もShiva-eriにイカした写真を撮ってもらった。

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-31 21:59 | Comments(4)
マスタリングを経て、Brand New Shit 完成。
1月29日

 レコーディング&MIXが終わったので、今日はマスタリング。

 今回のマスタリングスタジオは『GET UP』の時以来になる AUDIO CITY 。
 
 
 5年前とは違い、やけにムーディーな室内。
b0096775_6182625.jpg
 スピーカーがでかい。

 
 マスタリングとはおおざっぱにいえば、「各曲の音量を揃えて、曲順、曲間を決める」という作業。必要とあらば音のバランスを修正したりもする。素晴らしいCDを作る為の最後の行程である。

 
 マスタリングエンジニアは、やはり5年振り北村秀治氏。
b0096775_622247.jpg
 曲の雰囲気を変えずに音像をよりタフなものにする、その手腕は相変わらず見事であった。

 
 曲順、曲間も決まり、ようやく完成。

 
 色々と説明するのが野暮なくらい、最高のサウンドに仕上がった。このブツが世にはばかるまでもう少しかかるが、その間に中身が変わっちまうなんてことは無いんで、ひとつ安心して期待しまくりやがりまくって待っていて欲しい。

 
 Funk-a-lismo!

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-31 01:56 | Comments(2)
MIX終了@MATSURI STUDIO
1月28日

 MATSURI STUDIOにてMIX最終確認。
b0096775_21234713.jpg
 「まぁちょっと聴いてみましょうか。」ってことで、エンジニア向井氏によるMIXを聴く。



「…なにっ!」
b0096775_21252388.jpg
 「すんげぇいい!」と驚くドラマー。

 
b0096775_2130171.jpg
 で、MIX終了。やたらとえげつない音を作り出すエンジニアも満足げな笑み。

b0096775_21323178.jpg
 解放感からか、THE CLASH『Rock The Casbah』に合わせ堺正章ばりのモンキーダンスを踊るリーダー。
b0096775_21384052.jpg
 最年少ではあるが、まるで遠慮のないプレイをするベーシストもその出来栄えに目を細める。


 
 で、レコーディング&MIX終了で 
b0096775_21513945.jpg
 酒が飲めるぞ、というわけで飲む&食う。たらふく。

 
 ヤバいブツが出来たぜ。

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-29 22:11 | Comments(6)
Music is…
1月27日

 今、『No Music、No Life』というおなじみのキャンペーンポスターの出演者へのアンケート、そしてそれに対する本人直筆の答えが載っているフリーペーパーがある。

 5年前くらいに出演したSCOOBIE DOからは俺が答えたものが載っているんだけど、同じページに共演をした和田アキ子さんのものも載っていて、「Musicを他の言葉で言ったら?」(確かそんなような)という質問の答えが、奇しくも同じでその偶然具合に嬉しくなった。

 
 気になる御仁は手に取ってチェックしてみて頂戴。

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-28 15:08 | Comments(3)
『新春Funk-a-lismo!Circuit』@渋谷Eggman『惑星サミット Vol.1』
1月26日

 昨日のEggmanも久しぶりのハコだった。オカモッちゃん曰く「5年振り」らしい。
b0096775_12263237.jpg
b0096775_1227950.jpg
b0096775_12282218.jpg
b0096775_12275314.jpg
b0096775_12284569.jpg
b0096775_1229625.jpg
 現在を爆発させるのを生業としている俺達なので、レコーディングしたばかりの新しい曲なんかもガッツリやる。新しい曲をやる時は、緊張感とテンションの高まりを奥深い部分でたぎる衝動で飲み込んで吐き出すというような、そんな感じである。つまり要するにたまらなく燃える。

 この『新春Funk-a-lismo!Circuit』中にもガツガツとやるつもりである。FUNKチューンなんでガッツリガツガツ踊りまくりやがって欲しいね。

 今日来てくれたみんな、惑星、渋谷Eggmanありがとう。

 またいつでもガッツリガツガツとやりあおう。

 Funk-a-lismo!

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-27 12:58 | Comments(4)
爆発の予感 漂う日
1月25日

 リハ。サーキット中であり、ライブが多い為、それ用に色々とやる。

 夜はガンダム芸人と越中芸人の戦いにひとしきり笑う。


 新しいCDが世に出るのはツアーが始まる頃になるだろうから、それまでは『新春Funk-a-lismo!Circuit』にてSCOOBIE DOの現在を爆発させようと思っている。

 
 明日は渋谷eggman。

 ひとつ爆発的にやりあおう。

 
 Funk-a-lismo!

 コヤマシュウ 
[PR]
by funkalismo | 2007-01-26 01:35 | Comments(10)
再びMATSURI STUDIOへ
1月24日

 MATSURI STUDIOにてMIXの確認。

 エンジニア向井氏曰く「完成を目指したが、ちょっと全部出来んかった」ということだったが、「とりあえず方向性というか、基本形を聴いてみますか?」(ニヤリ)というわけで数曲聴く。

 ラフミックスからの変化に一同、内心ほくそ笑む。

 なんというか、無頼すぎて愛くるしい。

 こいつは完成型をはやく聴きたいぜ。もうしばらく待て、俺。

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-25 12:09 | Comments(2)
『甲野善紀身体操作術』を観に行く
1月23日

 武術研究者・甲野善紀氏を追ったドキュメンタリー映画『甲野善紀身体操作術』を観に行く。

 自らの身体操作術を『矛盾を矛盾のまま矛盾無く扱う』と、あくまで穏やかに慎ましく語る甲野氏。
 
 武術研究者といいながらその研究と実践の過程で得られるものは時に技術を超えて、モノの考え方=思想であったりもするのだが、そこに怪しげな匂いを感じないのは、甲野氏が自らの身体を使いその技術を駆使することに常に夢中になっているのがこちらに伝わるからだろう。

 ギタリストにでも例えるならば、ギターを弾きながら、様々な表現の可能性を探る一方で、単純にギターを弾くことが大好きで常に嬉々として弾きまくっている、というような。

 “軽さ”ってやつだろうか。
b0096775_23135827.jpg
 そして、なによりも魅力的なのはその動きひとつひとつに、世の中との爽やかな違和感がいちいち漂っているところだ。つまり、かっこいい。痺れる。

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-24 23:33 | Comments(2)
『Funk-a-lismo! Vol.3』〜その1〜
 1月22日

 昨日の夜に福岡へ。

 濃厚なとんこつラーメンをすすってから、東京へ帰る。

 東京へ着くと、南国風情が懐かしくなる程の寒さであった。

 
 サーキットを回っている間に、4月からのツアー『Funk-a-lismo Vol.3』の詳細、第一弾がホームページ上で発表になった。待たせた。
b0096775_10313732.jpg

とりあえず今現在、4月6日の千葉LOOKを皮切りに、さいたま、茨城、仙台、札幌、青森、盛岡、広島、鹿児島、福山、高松、金沢が決定。しばらく振りの土地や初めての土地なんかもあり、黙っていても気合いが漲っていくのを感じる。俺は疑いも無くツアーが好きだ。無条件で好きだ。うおぉお。

 更に、もう何カ所かプラスしてVol.1、Vol.2以上の内容を持って全国各地で『Funk-a-lismo!』する。RockとFunkの最高沸点を日々更新する旅になる筈だ。

 BrandNewCD同様、期待しまくって待っていて欲しい。そして、4月の予定もいまからやりくりしまくって待っていて欲しい。

 Funk-a-lismo!

 コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-24 03:29 | Comments(5)
『新春Funk-a-lismo!Circuite』@鹿児島キャパルボホール
1月21日

b0096775_1052642.jpg
雨の宮崎を後にして鹿児島へ。鹿児島もやはり雨であった。   
 
10ヶ月振りの鹿児島。前回の熱い余韻を導火線にし、火をつけて爆発させたかのようないきなりの躊躇のないGroove。軽々とやんちゃで気持ち良い。
 
宮崎といい鹿児島といい、南国の風土にはあらかじめFunknessが溢れていて最高だった。カッコいいぜ。

今日来てくれたみんな、キャパルボホール、Volcano 07、ありがとう。

次回鹿児島は4/30。今日、会ったみんなにはまた必ず会いたい。 

そん時はまた軽々とヤンチャにやりあおう。

Funk-a-lismo!

コヤマシュウ
[PR]
by funkalismo | 2007-01-22 02:52 | Comments(3)
MOVIE



「かんぺきな未完成品」
(from Album 『かんぺきな未完成品』 )



Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ

Copyright ©1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム